ペニスをできる限り

陰茎トレーニング

陰茎トレーニングとは陰茎を大きくするためのトレーニングで科学的な方法です。

陰茎は陰茎の少し上の方から伸びている筋肉とおしりの方から伸びているPC筋という筋肉で構成されています。

陰茎トレーニングはこの二つの筋肉を鍛えて陰茎を大きくして硬くしたり太くしたりすることを目的としたトレーニングです。

陰茎トレーニングの具体的な方法は腹筋をしたりスクワットをしたり陰茎を伸ばすトレーニングというものがあります。

これらの運動をすることにより陰茎そのものが硬く太くなり、勃起したときのギンギン具合に貢献してくれます。

毎日続けることにより着実に陰茎増大や陰茎の勃起力のパワーアップに貢献できるのでぜひ続けてみてください。

陰茎マッサージ

陰茎を大きくするためのマッサージというものもあります。ジェルキングという方法でジェルなどを使って陰茎を丹念にマッサージすることにより陰茎への血流量が増大して陰茎増大に導くというものです。

ジェルキングの方法には次のようなものがあります。陰茎を蒸しタオルで温めて、陰茎を反勃起状態にしてジェルで親指と人差し指を使って亀頭側に引き延ばしていくというものです。

ポイントしてはスライドするときに根元から血流を流し込むようなイメージで亀頭に向けてスライドしていきます。

増大クリームを使う

陰茎を大きくするための専用のローションが販売されています。

陰茎の血流を改善する成分が配合されていて、普通のローションより効果的と言われています。陰茎に塗ってマッサージをすることにより血流が増大します。

増大クリームは陰茎に塗った瞬間に熱をもちはじめて陰茎が熱くなってきて、血流が増える感覚があります。

この増大クリームは先ほどの陰茎マッサージと同時にやるとお互いの効果をいかんなく発揮するでしょう。

メンズサプリを使ってみる

メンズサプリには欠かせないシトルリンやアルギニンなどという成分が贅沢に配合されています。

特に、シトルリンとアルギニンは普段の食生活で取り入れることができないので、メンズサプリを使ってたくさん体内に摂取しましょう。

シトルリンとアルギニンをメンズサプリをつかって効率的に吸収することによりいい男で生涯現役でいられるでしょう。

人知れず不安を抱える男性の活力にはメンズサプリを使うことが一番の近道で確実だと思います。

男の活力に外部から刺激を与える

男の自信を大きくしたいのであれば、男の自信トレーニングとメンズサプリを同時並列的に使うことにより、外部と内部から促すことができるでしょう。

ペニストレーニングなどの外部の刺激に対して、ペニス成長に必要な栄養素が体内に満たされていれば、みなぎる男の自信につながらないでしょう。

メンズサプリは体内から男の自信を促進するために作られていますが、ペニストレーニングや増大器具というのは外部からの圧力をかける目的があります。

男の自信効果を高めるには、外部からのトレーニング内部からの刺激によって相乗的にアプローチしましょう。

ミルキングとは

ミルキングというのは手を使って、ペニスに圧をかけて、男の自信を促していこうというトレーニングです。

ミルキングに期待できるのは、ペニスへの血流促進効果です。

いざミルキングの手順ですが、まずペニスを半分勃起した状態にします。そしたら次に、ペニスの根元から小指から親指まで波を描くように順番に握っていき、まさに乳搾りをしているような要領で握っていきます。

小指から根元から順に握っていくことにより、ペニスの先である亀頭の先端まで血流を促進することができます。

血流が亀頭まで届くようになることにより、亀頭の成長も期待できますし、カリが高い亀頭になることができます。

亀頭が小さくて悩んでいる人には、この乳搾りの要領で男の自信を大きくしていくミルキングという手法が一番おすすめです。もちろんペニス全体を大きくしたいという人にもお勧めの手法です。

ジェルキングって何?

ジェルキングというのはジェルやローションなどを使って、ペニス全体をトレーニングする方法です。

ジェルキングに期待できる効果はペニスを長くする、血流を促進するの二つが主な目的です。

ジェルキングの手順を解説すると、まずペニスを半勃起状態にしてローションを塗ります。そしたら親指と人差し指でつくった輪っかでペニスの根元からカリまで往復運動をします。

ジェルキングは自分の指を使った牽引法とも呼べるものです。ペニスは人体によって固定されているので、竿の何割かは体の内部に埋もれているのです。

体内に埋もれている部分を外に引き延ばす手法なので、ペニスの長さに悩んでいる人にはうってつけの方法ですね。

ジェルキングにもミルキングと同じく血流促進効果を期待できます。

メンズサプリ、増大器具、増大手術の一長一短

男性諸君のみなさんであれば、誰でも一度は男の自信を大きくしたいと思ったことがあるのではないでしょうか。

自分のペニスを勃起させて定規で測ってみたり、銭湯やサウナで他人のペニスをチラ見してしまった経験があることはあると思います。

ペニスサイズに自信があれば問題ありませんが、小さかったらペニスのサイズがコンプレックスになってしまうのではないでしょうか。

そして、男の自信を大きくしたいと思っても、何をすればいいのかわからないという人がほとんどだと思います。

ペニスサイズに悩んでいる人のために、男の自信方法をまとめてどうやったら一番効率的に男の自信を目指すことができるのかを紹介していきたいと思います。

真っ先に思いつくのは増大手術だと思いますが、その他にも有名なものとしては増大器具だったり、増大トレーニングだったり、メンズサプリがあります。

増大手術のメリットとは

ペニスはサイズアップしたいけど手術はためらいがあると二の足を踏んでしまう人も多いと思います。実際に増大手術とは何をするのでしょうか。

実際に手術をした場合の時間や費用や効果について解説していきたいと思います。

増大手術の内容をおおまかにわけると、陰茎を長くする手術や太くする手術や亀頭だけを大きくするものがあります。

ペニスの土台部分である人体を手前に引き出して長くしたり、ペニスにヒアルロン酸を注入してカリ首を大きくしたり太さを大きくしたりというものがあります。

すべてに共通していえることは、確実にペニスの増大ができるということです。手術の内容によっては差がありますが、最低でも数センチは大きくすることができます。

増大手術自体も1時間以内で終わるものがほとんどなので、日帰りでかえることができます。

上記がメリットですが、次はデメリットについて解説していきたいと思います。手術は必要不可欠な病気というものではないので、保険適用外なので費用が高くなってしまいます。

簡単な手術であれば数万円のものもありますが、メスを入れるような手術であれば数十万円単位でかかってしまいます。

また、ダウンタイムというものもあるので、腫れがでたり痛みがでたりするので、セックスやオナニーがしばらくできないというデメリットもあります。

増大手術の最大のデメリットは勃起したときのサイズは増大できないというものがあります。

大金を出して手術をしたのに、勃起したときのサイズが変わらないのであればあまり意味がありませんよね。

これから手術を検討しているという人は、上記のようなメリットとデメリットがあることをしっかりわかった上で手術をしましょう。

増大器具とは

器具には大別するとポンプタイプと牽引タイプの二つがあります。

ポンプタイプの男の自信器具は、ペニスに取り付けて、吸引することにより、ペニス全体に圧力がかかって、海綿体の血流量がアップして、増大に導くという代物です。

もう一つの牽引タイプはペニスを引っ張って付加をかけることにより、ペニスの竿自体を引き延ばすというものです。

これらの器具のメリットは実際に物理的に圧力をかけることにより、ペニスの細胞を大きくするので、実感しやすいというメリットがあります。

実際に増大することができるまでには時間がかかりますが、ペニスへの刺激を実感できればモチベーションが保たれると思います。

ポンプタイプの唯一のデメリットは短時間で圧力をかけることにより、ペニスの細胞に高負荷をかけてしまうことでしょう。

あとは、毎日30分以上使い続ける必要があるので、どうしても途中でめんどくさくなってしまうでしょう。

牽引タイプのデメリットは装着している時間が長いというものあります。4時間以上は使い続ける必要があります。

睡眠中に装着していると寝返りをしたときなどに外れてしまったりすることがあるので、睡眠中に付けるのは辞めておきましょう。

つまり、起きているときはほぼ牽引タイプの増大器具を装着しておくことが必要になります。男の自信器具の購入を考えている人は安いものを使わないようにすることも大切です。

安い増大器具を使うと、痛いだけで実際に増大できないこともあるのので、安いものを使うのはおすすめしません。

メンズサプリのメリットとは

メンズサプリのメリットは飲み続けるだけでいいので手軽に使い続けることができます。

メンズサプリに入っている成分には男をパワーアップさせる成分がたくさん入っています。

科学的な根拠がある男の自信成分を厳選しているのです。

毎日の飲む量を適切にまもってコツコツ続けることができれば、着実に男の悩みをサポートできることでしょう。

メンズサプリによってはGMP認定された工場で製造されているので、原料や製造過程においても十分な安全性が保証されています。